感謝祭メダルのおすすめ交換先はこちら

【パズドラ】感謝祭メダルはどれに交換すべき?おすすめは…

【パズドラ】感謝祭メダルの交換先はコレだ!新フェス限の性能評価

こんにちは、たまカスです!

今回は新フェス限「ヴァルキリーシエル」「ゼウスギガ」「アテナノン」について!

各モンスターの性能を詳しく解説しているので、感謝祭メダルの交換先に悩まれている方は是非ご参考下さい。

それではどうぞ!

感謝祭メダルのおすすめ交換先は?

結論からお伝えすると…

万人に受け入れられる「ヴァルキリーシエル」との交換がオススメですが、交換する価値として最も高いのは「ゼウスギガ」になると感じます。

理由は以下のTouTube動画で詳しく語っているので、以下よりご視聴下さい。

↑↑↑
ラジオ感覚でご視聴頂けます。
再生すると音が出るのでご注意ください。

 

新フェス限の性能評価

ここからはテキストによる解説!

こちらに掲載している文章は「動画の内容を文字起こししたもの」になります。文字で読みたい方はこちらをご参考下さい。

↓↓↓

みなさんこんにちは、たまカスです!

今回は10月31日から実装される新フェス限について性能を解説していきたいと思います。

ヴァルキリーシエルと、ゼウスギガとアテナノンの3種類ですね。このうちの1体は無料配布される感謝祭メダルと交換できるので、どれに交換しようか悩まれている方も是非ご参考下さい。

それでは性能解説いってみましょう。

ヴァルキリーシエル(進化前)の評価

ヴァルキリーシエルのステータス画像

4種類のキラーが豪華ですね。

ドラゴン、神、悪魔、マシンと主要キラーが全て付いているので、だいたいどのダンジョンに行ってもキラーが役立ちます。ダブルキラーが刺さることも多いので、そのときは9倍の倍率で攻撃できます。

また、ヴァルキリーは回復タイプなので潜在覚醒にドラゴンキラーを付けれるところもポイントです。なので、特にドラゴンタイプの敵に強いモンスターと言えます。

覚醒スキルの弱点としては、操作時間延長がないところとアタッカーとしては安定性に欠けるところでしょうか。

キラーが刺さらない敵にはほとんどダメージが通りませんし、ひとつキラーが刺さっても3倍なので倍率的にはコンボ強化2個持ちに劣ります。

ダブルキラーが刺されば問題ありませんが、汎用性の高さを求めるならコンボ強化2個持ちのほうが使いやすいと感じます。

ただ、7コンボ以上のパズルが安定しない方や、コンボを必要としないリーダーに編成する場合なら、使いやすいのでオススメできます。

リーダースキルについて

リーダースキルは最大倍率が12倍、HP2倍、操作時間2秒延長ですね。

今のトップ環境だとヴラスカや水着バーバラ&ジュリと同じタイプのリーダースキルになります。ヴラスカと水着バーバラジュリは指定2色の同時消しが必要になりますが、ヴァルキリーならコンボ数で最大倍率が出せるので欠損の心配がありません。とても扱いやすいリーダーです。

ただ、回復縛りの条件がキツいですね。

回復タイプ持ちのモンスターは少ないので編成できるサブは限られます。例えば強いコンボ強化編成を作るには、光イデアルや、光コットン、神道花梨、ユウナあたりが候補になるためある程度課金していないと満足いくパーティが組めません。

回復補助のエイルや、追加攻撃持ちのルシャナなどの降臨モンスターが編成できる点は良いのですが、ボックスが充実していないと火力が必要になるダンジョンでは厳しいリーダーです。

スキルについて

スキルはバインド状態の全回復と光ドロップの生成効果ですね。

盤面がお邪魔や毒で荒らされたときには便利なスキルですが、回復ドロップを消してしまうので汎用性の高いスキルではありません。

どうせ回復を消してしまうんだったら、個人的にはHPの全回復効果もつけてほしかったなと感じました。その効果があればリーダーとしてもより使いやすくなったと思います。

まぁ、でも回復を消す効果は悪いことばかりじゃなく、闇メタのようなHP制限リーダーにはHP調整として使えますし、あと、スキルを使っても5属性ドロップをそのまま盤面に残せるという意味では多色リーダーのサブにも編成しやすいですね。

ヴァルキリーシエル(進化後)の評価

進化後ヴァルキリーシエルのステータス画像

進化後の大きな変更点は覚醒スキルの変更と、ステータスアップ、あとは攻撃タイプが付与されたところ。攻撃タイプが付くことで潜在覚醒に体力キラーが付けれるようになりました。

特に大きな変更点となるのが覚醒スキルですね。

悪魔キラーとマシンキラーがそれぞれコンボ強化に変更されたので、安定して倍率が出せるようになりました。
どの敵に対しても4倍で攻撃できて、キラーが刺されば12倍、さらにダブルキラーが刺されば36倍になります。

キラーの数は減りましたが、神タイプとドラゴンタイプの敵はかなり多いので大活躍してくれます。ダブルキラーが刺さる強敵も多く、例えば周回ダンジョンで人気の闘技場3だとリファイブや、ガイアドラゴン以外のレーダードラゴン、あとは闇カーリーにも刺さります。

進化後は攻撃力が500も上がるので、ステータスや、覚醒スキル上での補正倍率の高さを考えても、進化後のほうがアタッカー性能は高いと感じます。

基本的には進化させるべきですが、コンボ強化発動条件の7コンボが安定しない方は進化前で使ったほうが良いですね。

スキルとリーダースキルに関しては進化後も変わらないので、解説は省略させていただきます。

ゼウスギガ(進化前)の評価

ゼウスギガのステータス画像

続いてはゼウスギガ!

ゼウスはリーダースキルのスペックが高く、ダンジョンの高速周回用リーダーとしてかなりオススメできる性能です。

リーダースキルの概要は最大倍率が16倍、回復力2倍、操作時間2秒延長になります。

HP満タン時に最大倍率が出せるリーダーですね。

高速周回リーダーとして人気の高い「ゼウスヴァース」と似ているので、それぞれのリーダースキルを比較してみていきたいと思います。

最大倍率に関してはゼウスヴァースが15倍、ゼウスギガが16倍なので「ゼウスギガ」のほうが少し高いですね。
掛け合わせだと225倍と256倍になるので30倍変わります。

スキルと覚醒スキルについても「ゼウスギガ」のほうが優秀です。

ゼウスヴァースはスキルが重たすぎて使えませんでしたが、ゼウスギガはリーダースキルと最高に相性が良いHP全回復と花火の組み合わせです。HPが減ってもLFのスキルで2回凌げるため、先制攻撃のあるダンジョンにも対応しやすいのが魅力ですね。

パーティ編成の自由度に関しては「ゼウスヴァース」の圧勝です。

ゼウスヴァースには縛りが一切なく、ゼウスギガには光属性縛りという条件があります。ここはかなり重要なポイントになりますね。

一長一短になりますが、総合的にみるとゼウスギガのほうがシンプルに高速周回リーダーとして使いやすいといった感じ。ゼウスヴァースはサブ自由度の高さから、より凝った編成が組めるといった感じですね。

ゼウスギガのリーダー性能を高く評価しましたが、基本HP満タンリーダーは通常のダンジョン攻略には向きません。

理由はHPの即時回復手段がなくなると態勢を立て直すのが難しいからです。ゼウスギガもHPが減ると最大倍率が4倍まで落ちるので復帰が難しくなります。

汎用的に使えるリーダーではないので、ダンジョンの構成を把握した上で使いたいリーダーです。

サブ性能について

リーダー運用時の話ばかりになりましたが、
サブとして使うときもオススメできます。

代用の効きにくい花火スキル持ちなので、スキブ要員&スキル効果目的で光属性パーティに編成しても良いですね。

瞬間火力の高い花火をそのままボスにぶつけも強いですし、花火スキルと上下変換スキルを組み合わせて「確定7コンボのダメージ無効貫通パズル」に使ったりもできます。

現状、光の花火スキルはフェス限のサレーネのみになるので貴重です。

ということで、ゼウスは個人的にはかなり評価の高いモンスターになります。いつでも使える強いモンスターというよりかは「局所的に役立つ」といった感じでしょうか。

ゼウスギガ(進化後)の評価

進化後ゼウスギガのステータス画像

進化後の大きな変更点は覚醒スキルの変更と、攻撃力500UP、あとは攻撃タイプが付与されたところ。攻撃タイプが付くと、潜在キラーに体力キラーが付けれるようになります。

特に注目すべき点は属性強化が全て操作時間延長に代わったところですね。

リーダー運用時や、光の列消しパーティのサブとして使うなら進化前のほうがオススメです。

リーダー運用時にはリーダースキル効果で操作時間延長が付きますし、光の列消し編成に入れる場合もコンボパーティほど盤面をこねくり回さなくて良いので操作時間延長の重要度は低めになります。

ただ、スキル効果を目的としてコンボパに編成する場合は、属性強化よりも操作時間延長のほうが欲しくなります。例えば浦飯幽助やエドパのサブに使うときですね。

ケースバイケースになりますが、基本的には進化前のゼウスをそのまま使うのが良いでしょう。

アテナノン(進化前)の評価

アテナノンのステータス画像

リーダースキルから見ていくと、最大倍率が9倍、神タイプの全パラ1.5倍、操作時間2秒延長です。

ヴァルキリーやゼウスに比べると、
アテナだけ最大倍率が低めですね。

全パラ1.5倍の耐久性と操作時間延長のサポートはありがたいのですが、
今のインフレした環境だと最大倍率9倍では最新の難関ダンジョン攻略には苦戦すると思います。

最大倍率を出すには「神タイプ縛り」と「光と回復の同時消し」という条件もあるので、ここまで条件がつくなら12倍くらいは欲しかったというのが率直な感想です。

決して弱いリーダースキルではありませんが、個人的にはリーダーとしての運用はなしかなと思いました。

サブ性能について

サブとして使う場合は「バインド耐性持ちの高火力アタッカー」として使える性能です。

二体攻撃4個持ちは今では珍しくありませんが、
注目すべきはアテナの高い攻撃力です。

プラスを振れば攻撃力がなんと4,300を超えます!

この攻撃力の高さはロシェやマドゥを超えて現状最強の数値です。攻撃力4,300オーバーからの二体攻撃発動時約5倍の倍率は強力なダメージソースになります。

二体攻撃寄せの編成だったり、高速周回リーダーのサブとしてオススメできる性能です。

スキルに関しては、攻撃色と回復ドロップが同時生成できる使い道の多いスキルです。全ドロップ強化の追加効果もつくので、ちょっとしたエンハンスにもなりますね。

そのままでも使えますし、比較的軽いスキルになるのでアシストベースとしても使いやすいと思います。

アテナノン(進化後)の評価

進化後アテナノンのステータス画像

進化後の大きな変更点は覚醒スキルの変更と、HP1000UP、あとは体力タイプが付与されたところですね。体力タイプが付くと、潜在キラーにマシンキラーと回復キラーが付けれるようになります。

注目ポイントは、二体攻撃4個が「二体攻撃2個とコンボ強化2個」になったところ。覚醒スキル上での最大倍率が5倍から「9倍」まで上がりました。

アタッカーとしての性能が大きく上がったので進化後のほうが単純に強いです。

ただ、4個消しを含めての7コンボ以上はパズル力がいるので、そのあたりが問題になると思います。アテナは操作時間延長の覚醒も持っていないので、サブに編成するときは他でしっかりと操作時間を補いましょう。

基本的には進化後をオススメしますが、アテナで最大火力を出すにはガッツリとパズルを組む感じになるのでお手軽さはなくなります。

少ないコンボ数で立ち回れるリーダーに編成するなら進化前のほうが扱いやすいですね。

おすすめの感謝祭メダル交換先(まとめ)

まとめ

最後に感謝祭メダルの交換先について考察したいと思います。

個人的には現状最も交換する価値の高いモンスターは「ゼウスギガ」になるのかなと感じました。

理由は高速周回リーダーとしての性能が高いこととスキルですね、即時回復付きの光花火はオンリーワンの性能になるので希少性の観点からゼウスを高く評価しました。

ヴァルキリーとアテナも間違いなく強いモンスターですが、サブ運用時にはどちらもアタッカー性能の高さが魅力になるので代用としては効きやすいです。

特に最近だとパワーアップで強力な超覚醒がつくようになってきているので、覚醒スキルの補正倍率が10倍を超えるモンスターは増えてきました。

そういった「代用が効きにくい」という意味で個人的にはゼウスへの交換が1番アツいと思います。

ただ、ゼウスの性能は万人に受けるものではないので、あなたも絶対にゼウスと交換するべきということではありません。

例えばダンジョンの高速周回に興味がなかったり、光花火スキルに魅力を感じなかったり、あと汎用的に使えるモンスターが欲しいという方にはオススメできません。

汎用性の高さでいうと「ヴァルキリー」か「アテナ」との交換が無難になります。

リーダースペックやサブ性能などを総合的にみると、バランスよく使えるのはヴァルキリーになるのかなと思います。

ヴァルキリーは光の単色パーティだけでなく多色パにも編成しやすいですし、火力もコンボ強化と主要キラーのおかげで12倍で攻撃できることが多いです。

リーダースキルも扱いやすいので、今後回復タイプの強いモンスターが何体か実装されればヴラスカや水着バーバラジュリを超える人気リーダーになる可能性が高そうですね。将来性のあるモンスターなので交換して間違いはありません。

あと、初心者の方にもオススメです。

ヴァルキリーはリーダースキルが使いやすいので、交換後はリーダーに設定してそのままお使い下さい。

回復タイプ縛りがありますが、この縛りは無視して自由にモンスターを編成しても大丈夫です。回復タイプを持っていなくても4コンボさえ組めれば6倍の倍率がかかります。

アタッカー性能の高いリーダーフレンドのヴァルキリーが12倍、サブで6倍出れば、かなり攻略できるダンジョンは多いです。序盤や中盤にかけては十分すぎるリーダースペックになるので、是非ヴァルキリーにして使ってみて下さい。

アテナノンに関してはリーダースキルの評価がいまいちなのでオススメ度を3番目にしました。

でも、サブ性能としてはヴァルキリーと並んでもおかしくないほど高いです。

覚醒スキルのパッと見は主要キラー付きのヴァルキリーよりも豪華さにかける感じはしますが、忘れてはいけないのが攻撃力の高さですね。

一般的なモンスターよりも1.5倍ほど高いので、覚醒スキルの見ためからは考えられない火力が出せるモンスターです。実質、隠れた二体攻撃がもうひとつ付いてるような感じの性能になります。

攻撃色と回復ドロップの同時生成スキルも便利なので、サブ性能だけで考えるとヴァルキリーと同じくらい優秀ではあります。

まとめると…

交換先のオススメとしてはヴァルキリーシエル。万人に受け入れられる性能なので間違いはありません。

希少価値の高さならゼウスギガですね。

ゼウスはHP全回復付きの光花火は現状代用が効かないオンリーワンのスキルです。このスキルが欲しい方や、高速周回リーダーとして使いたい方、あとアタッカー性能の高いモンスターが充実している方にはオススメです。

それでは、今回の記事はここまで!最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す