人気!イナパにおすすめのサブ一覧

【パズドラ】遊戯パのテンプレ解説&おすすめサブ一覧

【パズドラ】遊戯パのテンプレ解説&おすすめサブ一覧

こんにちは、たまカスです。

今回は武藤遊戯のテンプレ解説記事になります。個人的に強いと思う編成をいくつか考えてみました。

パーティの解説&おすすめサブ候補なども紹介しますので、パーティ編成にお悩みの方は是非ご参考ください。

それではどうぞ!

遊戯パのテンプレ解説(動画)

まずは動画で確認!

YouTubeに動画をアップしているので、
よろしければ以下よりご視聴ください。

↑↑↑
ラジオ感覚でご視聴頂けます。
再生すると音が出るのでご注意ください。

 

遊戯パのテンプレ解説(テキスト)

ここからはテキストによる解説!

こちらに掲載しているテキストは「動画の内容を文字起こししたもの」になります。文字で読みたい方はこちらをご参考下さい。

闇マドゥ×遊戯編成

闇マドゥ×遊戯編成

まず、最初の編成がこちら。

耐久力の高い「ハロウィンマドゥ」を相方にした編成です。

相方におすすめの理由としては、属性&リーダースキルがバッチリ噛み合うこと&遊戯にはない軽減が付くところ。

あとはマドゥのスキルですね。遅延スキルはスキブの代わりになります。

なので マドゥを相方にするときは、とりあえず遅延スキルが使える「17ターン」を目安にパーティを考えて頂いてOKです。20ターンを想定した編成に比べると、だいぶ編成の自由度が高くなると思います。

それと、多少スキブが足りなくてもHP2倍と軽減付きのマドゥなら凌げる可能性が高いです。

そういったところもオススメの理由ですね。

編成したサブについて

で、ここからは編成したサブをご紹介します。

まずは牙神幻十郎。

進化後のスキブ4個持ちもオススメですが、この編成では通常時のアタッカーとして進化前を採用しました。

超覚醒はHP80%以上強化にして、アシストはバインド耐性とスキブ付与のマリエル装備。(マリエル装備がないときは、超覚醒にバインド耐性、アシストにスキブ装備を継承して下さい)

 

続いてはハロウィンバステト。

指延長と操作時間短縮・回復減少ギミックの打消しとして難関ダンジョンでは編成優先度の高いモンスターです。

悪魔タイプなので、
遊戯パにも編成できますね。

アシストにはスキブと操作不可耐性付与のリナ装備を採用しました。リナ装備には2ターンのヘイスト効果があります。マドゥの遅延スキルと併用すれば、耐久不要で1階からの変身が可能です。

 

続いてはネルギガンテ。

役割はスキブ要員と、回復生成スキル、あとはドロップ強化による火力の底上げです。

超覚醒にはスキブプラスを付けて、ここでスキブを4個確保します。

アシストは自由ですが緊急時の回復手段として回復が生成できるものを選んでください。この編成では三色陣+属性吸収無効化の闇セシル装備を採用しました。

 

続いては転生貂蝉。

マドゥ側のリーダースキル補正はかかりませんが、それでも役割の多さを考えると、貂蝉は編成する価値高めです。

主な役割としては…暗闇対策、ロックドロップ対策、覚醒無効対策、あとは操作時間短縮ギミックの上書きにも使えますね。

超覚醒にはバインド耐性をつけて、アシストは同系統の夜叉丸装備を採用しました。これでバインド覚醒無効の全回復と消せないドロップ対策ができます。

夜叉丸装備がないときは、リヴァイ装備や清州リュウジ装備などのバインドと覚醒無効状態が全回復できるものを代用にして下さい。

 

リーダーのマドゥには、スキブと雲耐性付与のファガン装備を継承して、超覚醒と潜在覚醒で神と悪魔タイプへの特化性を高めます。

フレンドの遊戯には、スキブとお邪魔耐性付与の光シェリングフォードが継承されたものを選びます。

これでお邪魔耐性が5個になって、毒・暗闇・お邪魔に強い編成になります。

潜在にはドラゴンキラーを付けましたが、ここは自由に付け替えができるので周回するダンジョンに応じたもので構いません。

代用モンスターは?

遊戯パにおすすめのサブ一覧

かなり編成難度が高いので、組めない方は上記からサブを選んでみて下さい。遊戯に噛み合うモンスターを厳選しました。

名前を読み上げると、左上から砦を守る翼竜、闇バクラ、範馬勇次郎、ラジョア、闇マリク、転生ルミエル、極醒グレモリー、ハロウィンアルラウネ、ルオ、ブラックマジシャン、超転生アヌビス、ヴェロア、メリオダス、ロマノフ、ディスティルになります。

闇バステト×遊戯編成(76盤面)

闇バステト×遊戯(76盤面)テンプレ紹介

次は76盤面の編成例をご紹介します。

この編成では転生貂蝉をリーダーにして、ダンジョン潜入後にリーダーチェンジを行います。リーダー候補になるのが、スキルターンの軽いハロウィンバステト。

リーダースキルも最大倍率15倍、HP1.5倍、25%軽減持ちとバランスが取れています。

さっきの「遊戯×マドゥ」に比べると耐久力は落ちますが、盤面が広くなるぶん火力とギミック対応力はコチラのほうが上です。

バステトには現状最短でリーダーチェンジできるボン太くんを継承します。

持っていない方は、リィや、マッハ、オパチョ装備でも代用できますが、その場合雲耐性とスキブの確保が課題になります。

編成したサブについて

編成したサブについてみていくと、左から遊戯王コラボの「ブラックマジシャン」と「闇バクラ」、あとはラジョアを採用しました。

ブラックマジシャンはスキブ4個と3ターンの遅延スキルなので、実質スキブ7個持ちとして計算できます。

アシストには消せないドロップ対策としてフェノン装備を継承しました。必須ではないので、持っていない方は好きなスキルを継承して頂いて大丈夫です。

 

次の闇バクラは…火力要員でスキブ3個と回復生成スキルが優秀です。

特に火力要員として強力で、通常時と無効貫通時のダメージソースになります。

アシストはバクラ装備を継承しましたが、なければ適当なバインド装備でも構いません。デフォルトの覚醒スキルだけでも十分強いです。

 

続いてのラジョアは、スキブ要員、列消し火力の底上げ、バインド覚醒無効回復役として採用しました。

アシストには同系統のアンナ装備を付けて、ここで操作不可耐性を補います。

ちなみに、ラジョアは進化後のほうでもOKです。この編成では火力に余裕があるため、HPと回復力の高い進化前を選びました。

ラジョアがいないときは、ハロウィンアルラウネもオススメです。

 

で、リーダーの貂蝉にはバインド耐性付与のセシル装備を継承して、ここで属性吸収対策を行います。

こんな感じで組めば、スキブを盛りつつギミックにも強い編成が出来あがります。

この編成だとスキブが18個ですね。

開幕にブラックマジシャンの遅延スキルを使えば、1フロア目から変身とリダチェンが可能です。

闇マドゥ×遊戯編成(76盤面)

闇マドゥ×遊戯(76盤面)テンプレ紹介

最後はサブ端末を使った編成になります。

サブ側でスキブを確保して、マドゥ×遊戯を76盤面で運用する編成ですね。

スペックがめちゃくちゃ高いので、組めるのであれば、こういった編成がいちばんオススメです。

まず、サブ端末側には「スキブ要員」のモンスターを敷き詰めます。

マドゥに継承したリーダーチェンジスキルを使うには、最短のボン太くんでも「35ターン」必要になります。なので、スキブ35個を目安にして下さい。(スキブの数が足りないときはヴァレリアや遅延スキル継承のウェルドールを採用して下さい)

 

遊戯の継承は自由ですが、今回はドロ強付与のネレ装備を採用しました。

ネレ装備はスキルも同系統の効果ですし、変換対象に毒が含まれないこともあってバクラとの同時編成にはオススメです。

で、メイン側については、さきほどご紹介した編成とほとんど同じ感じになっております。

ハロウィンアルラウネは
バインド覚醒無効回復枠ですね。

ここはラジョアや極醒グレモリーでも大丈夫ですが、操作不可耐性のあるアルラウネを採用しました。

超覚醒が機能しないマルチプレイでも、サブ側が離脱すれば問題なく機能するようになります。サブ端末側で部屋を作ってダンジョン潜入後に「諦める」を押せばすぐに離脱できます。

 

こういった自演マルチは、スキブを気にしなくていいのでパーティが非常に作り易いです。

例えばスキブ1個の「飛影」も採用しやすいですし、何ならもう一体変身タイプのモンスターをサブに入れることもできます。

ソロでは実用的ではないパーティでも、自演マルチなら運用できるというわけですね。ただ…覚醒バッジが使えなかったり、1人プレイ専用ダンジョンでは通用しないのでそこだけご注意下さい。

遊戯パの組み方

パーティ紹介は以上になりますが、最後に遊戯パを組む上でのポイントをお話させて頂きます。

遊戯は進化前のリーダースキルが絶望的なので、スキブ重視の編成にしてなるべく早く変身したいリーダーです。

なので、ソロで運用するときはスキブを複数持つ悪魔タイプの編成優先度が高くなります。

悪魔タイプ自体は、闇属性には多くいますが、そこからスキブ要員の役割を持つモンスターになると限定されますね。

ちょっと判断が難しいと思うので、個人的に遊戯パに噛み合うと感じるスキブ要員をまとめました。スキブを積むときは、このあたりのモンスターから選んでみて下さい。

遊戯パにオススメのサブ候補・スキブ持ち

スキブの数だけで考えると大変ですが、遅延スキルやヘイストスキルを併用すればかなり組みやすくなります。

例えば上のリストの中だと、ブラックマジシャンと、メリオダスが遅延スキル持ちで、ハロウィンアルラウネと砦を守る翼竜、バランシールアナザーがヘイストスキル持ちです。

転生ホルスはスキブ3個持ちですが、スキルが軽いので遅延やヘイストスキルの継承に使えます。例えば火のシェリングフォード装備をホルスに継承すれば、スキブ付与と4ターンの遅延スキルのおかげで実質スキブ8個持ちになります。

こういった感じで、スキル・アシスト装備なども活用してスキブを積んでみて下さい。

まずは闇マドゥで組んでみて

いろんな編成がありますが、通常盤面でやるなら最初にご紹介したハロウィンマドゥを相方に選ぶことをオススメします。

理由はマドゥの遅延スキルが使える「17ターン」を目安にできますし、あと、多少スキブが足りなくてもHP2倍と軽減付きのリーダーなので耐久しやすいためです。

ということで、よく分からない方はとりあえずハロウィンマドゥを相方にして考えて頂ければなと思います。

コメントを残す