7周年記念メダルのおすすめ交換先はコレ

【パズドラ】麻倉葉の性能を評価!おすすめの超覚醒はコレだ(シャーマンキングコラボ)

【パズドラ】麻倉葉の性能を評価!おすすめの超覚醒はコレだ(シャーマンキングコラボ)

こんにちは、たまカスです!

今回はシャーマンキングコラボのキャラクター「麻倉葉(あさくらよう)」について。

性能を詳しく評価したので、強さがよく分からない方やオススメの超覚醒が知りたい方は是非ご参考下さい。

それではどうぞ!

麻倉葉の評価(動画解説)

まずは音声での解説!

YouTubeに動画をアップしているので、
よろしければ以下よりご視聴ください。

↑↑↑
ラジオ感覚でご視聴頂けます。
再生すると音が出るのでご注意ください。

 

麻倉葉の評価(テキスト)

ここからはテキストによる解説!

こちらに掲載しているテキストは「動画の内容を文字起こししたもの」になります。文字で読みたい方はこちらをご参考下さい。

麻倉葉の評価(進化前)

麻倉葉のステータス画像

覚醒スキルからみていくと、進化前は「二体攻撃」に特化した性能ですね。

二体攻撃4個持ちなので、4個消し時に「約5倍」の補正がかかります。攻撃力も3,300と高く、火力要員としてパーティに編成できるモンスターです。

サブとして使うなら「仮面ライダーブラックRX」や「正月アルテミス」のような、二体攻撃持ちのリーダーに編成して使いましょう。

覚醒スキルに目立った弱点はありませんが、木の二体攻撃特化型には「木ロシェ」や「仮面ライダー新1号」。他にも「転生ヴィシュヌ」や「転生パール」などの強力なモンスターがゴロゴロいます。

覚醒スキルの評価だけなら、いま名前を挙げたモンスターのほうが強いでしょう。

ですが、スキルに関しては違います。

というのも、葉のスキルは「ゼラ」に匹敵するほど強力です。

2コンボ加算付きの変換スキルですが、盤面に「回復」と「大量の木ドロップ」が生成できるので、これひとつで「根性」「ダメージ無効」「コンボ吸収」などの複数のギミックに対応することができます。

ゼラよりも「3ターン」早く使えますし、変換後のドロップが計算できるため「ドロップの偏り」といった陣ならではのリスクもありません。

ボス戦でも使える
めちゃくちゃ強力なスキルです。

ですが、弱点もあって…それは「ロックドロップ」「毒」「お邪魔」「爆弾」などのギミックには対応できないところ。

この点に関しては「ゼラ」のほうが優秀ですね。盤面を荒らされた状態では使いにくいスキルと言えます。

おすすめの超覚醒は?

超覚醒の種類は「操作時間延長プラス」「ダメージ無効貫通」「超追加攻撃」の3つです。

おすすめはダメージ無効貫通!

理由は…自身のスキルで無効貫通が組みやすいところと、二体攻撃を多く持っているところ。

ただ…二体攻撃の補正は「正方形消し」には乗らないので相乗効果はそこまで高くありません。最高に噛み合うという程ではないので、編成によっては他の超覚醒を付けても全然OKです。

リーダースキルについて

最大倍率が15倍、木属性の回復力3倍、ドロップ操作時間2秒延長のリーダーです。

スキルを使うだけで「最大倍率」が出せるので「ターディス」や「光バステト」のような毎ターンスキルが使えるモンスターを編成すれば快適です。

ただ、HP補正も軽減もないので「耐久力」はありません。

難関ダンジョンの攻略には向かないので、私の中ではリーダーとしての評価は低めです。

二体攻撃特化型を詰め込んで、4個消し1コンボだけで敵を抜いていく「周回リーダー」として運用するなら面白いと思います。

究極葉の評価(究極進化後)

究極葉のステータス画像

続いては進化後。

進化後は「リーダースキル」が優秀で、最大倍率が16倍、半減持ちの攻守ともに強いリーダーです。

半減の条件がいいですね。木以外を5個以上繋げて消すだけなので簡単です。

葉同士で使ったときの軽減率は75%!

つまり、ほぼ毎ターン「激減スキル」がかかるようなリーダーなので、HPや回復に補正がなくても「耐久力」はバッチリです。

最大倍率も「単色リーダー」の中では高めに設定されていますし、自身のスキルもゼラ並に強いので、個人的には「環境トップクラス」に強いリーダーになると思います。

コマさんと同等か、
それ以上に強い性能です。

リーダースキルの弱点

ただ、葉で最大倍率を出すには「木を6個以上繋げて消す」ことと「木以外を5個以上繋げて消す」と言った二つの条件があるので、正直ここが面倒です。

操作性の観点では、葉よりも「コマさん」のほうが上ですね。

葉の弱点について掘り下げて解説していくと、まずは「木を6個以上繋げて消す」という条件です。

欠損率が高いので、階層の深いダンジョンにおける「快適性」は高くありません。

ただ…半減が簡単に張れるので、ドロップの欠損が「ゲームオーバー」に繋がることは少ないです。そこはいいですね。少し時間はかかりますが盤面に木が「6個」たまるまで耐久することができます。

木以外の5個以上消しについては「パズルミス」や「消し忘れ」が課題になります。

ここをミスると「半減」がかからないのでヤバいです。

というのも、HPに補正がかからないぶん「高難易度ダンジョン」では一撃で死ぬ可能性があります。

木の6個消しはミスっても大丈夫ですが、半減の条件だけは毎回確実に決めたいですね。

基本的にはほぼ毎ターン半減が張れますが、一部、相性の悪い敵もいるのでそこだけご注意ください。

例えば…ゼウスディオスのような盤面を毎ターン木ドロップに変えてくる敵や、パールやラクシュミーなどの倒れる前に何かを喋る敵には相性が悪くなります。

会話の割り込みが入ると、そこで軽減の効果が消えてしまうので次のフロアの先制ダメージに弱くなります。

例えば裏闘技場だと、ラクシュミーからの茨木童子がキツいですね。HP補正のない葉では「茨木」の先制53,000ダメージは受けれないので、編成を凝らないとこの組み合わせがきた時点で負けてしまいます。

あと、究極葉は「平均コンボ数」が落ちるのも弱点です。

例えば木を6個繋げて消せば、その時点で1コンボ分損失することになりますよね。

木以外の5個以上消しも、繋げて消すドロップの色を間違えるとそこでも1コンボ分損失することになります。

落ちコンがこないと、コンボ強化発動条件の「7コンボ」に満たないことも多いので、他のリーダーよりも「コンボ吸収ギミック」に弱いと言えるでしょう。

逆に、他のリーダーよりも優れてる点は圧倒的なスキブの数です。

葉がスキブ4個持ちなので、
リーダーフレンドで組めば8個。

なので、サブも入れればだいたいスキブ13個前後の編成になります。ここは大きなアドバンテージになりますね。

開幕から葉のスキルが使えたり、ゼラや風神などの「重たいスキル」も早い段階で使えます。

少しでもスキブを積んでおきたい「3人ワイワイ」や、早い段階で「ダメージ吸収」を使う敵が出てくるダンジョン…例えば「百花繚乱」や「超極限中華ラッシュ」などの攻略にも重宝します。

スキブに関しては「コマさん」や「RX」よりも断然有利ですね。

サブの編成について

サブの編成については、自身が属性強化持ちなので悩まれるかと思います。

リーダーに合わせて「属性強化編成」にしても構いませんが、火力を求めるなら補正倍率の高い「コンボ強化」に寄せるべきです。

特に「ゼラ」が編成できるかどうかで強さが大きく変わるので、持っていれば必ず入れましょう。

高火力アタッカーにゼラ。覚醒無効回復枠には「エイル」か「オデドラ」。あとはスキル回転率の高い「コマさん」や「雪代縁」「コンス」などを編成すれば快適性が上がって使いやすくなると思います。

超覚醒について

超覚醒は進化前と同じですね。

「操作時間延長プラス」「ダメージ無効貫通」「超追加攻撃」の3種類です。

リーダー運用時には絶対に「操作時間延長」をおすすめします。指が長いと「盤面内最大コンボ」が組みやすくなりますし、パズルミスにも対応しやすくなります。

葉装備の評価

葉装備のステータス画像

超追加攻撃と暗闇・お邪魔・毒耐性が付与できるギミック対応力の高い装備ですね。

いろんなモンスターに継承できますが、特に「ゼラ」と相性がよくて「まさにゼラのための装備」と言ってもよいほど噛み合います。

詳しく解説すると…例えばゼラに葉装備を継承した場合、二色陣でこういった組み方ができるようになります。

パズルの組み方

「根性」と「ダメージ無効」の両方に対応できる理想的な組み方ですが、
この組み方のメリットは主に2つあります。

ひとつめは火力。

超追加攻撃には攻撃力アップの効果もあって、実は「2倍」の補正がかかります。

コンボ強化がもうひとつ付くようなものなので、これまで無効貫通時「20倍」だったゼラの倍率が「40倍」まで伸びます。単純にゼラ二体分の火力になるので、ダメージ無効ギミックへの突破力が大きく上がります。

追い打ちが必要なくても、とりあえず「超追加攻撃」を含めれば2倍のエンハンス代わりとして使えます。

二つ目の利点は「ドロップの偏り」に対応できること。

このメリットも大きくて、例えば…ドロップに偏りが出ると「無効貫通」と「追い打ち」が同時に組めないことがあります。そういった場面でも、超追加攻撃の消し方なら対応しやすくなります。

具体的には、
このような偏りが出たときですね。

木ドロップの数が「12個」と「13個」のケースです。

パズルの組み方2

パズルの組み方3

通常の追加攻撃では12個と13個のときは対応できないので、ここの幅が広がるのは大きいと言えます。

ただ、12個のときは、コンボ加算込みでも「6コンボ」どまりになりますね。そこがネックにはなりますが、それでも全消し時の落ちコン発生率は約60%あるので期待はできます。

こんな感じで、葉装備は「ゼラ」の性能にバッチリ噛み合います。

超追加攻撃自体は、ガンホーコラボ友情ガチャの「テューポーンカード」でも付与できますが、葉装備のほうが「ギミック耐性」と「攻撃強化」、さらに同属性継承によるステータスアップまで付くのでオススメです。

一応、ゼラに噛み合うといった感じでお伝えしましたが、ゼラ以外にも「ダメージ無効貫通」と「二色陣スキル」を持つモンスターであれば合います。

例えば「草薙京」や「ラジョア」にもいいですね。

葉装備は比較的スキルターンが長いですし、万が一溜まっても「どの編成でも使えるコンボ加算スキル」なので腐ることはありません。そういった意味でも評価の高い装備といえます。

麻倉葉は交換するべきか?

まず、麻倉葉はゼラとの相性が凄くいいので、ゼラを持っているかどうかが最初の判断基準になります。

例えばリーダー運用時なら、サブにゼラが編成できるかどうかで強さが大きく変わります。

なので、持っていない方は無理に交換する必要はありません。見送ってもよいでしょう。

次に、ゼラをお持ちの方。

二つ目の判断基準として強いリーダーを持っているかどうかで考えてみて下さい。

例えば、現状木属性の環境トップリーダーには「コマさん」や「RX」「ダークライザー」「超転生バステト」などがいますが、このあたりの強いリーダーをお持ちなら無理に交換する必要性はないと感じます。

葉も環境トップに強い性能ではありますが、今名前を挙げたリーダーよりも「圧倒的に強い」という程ではありません。特に「パズルの縛り」がキツいので、操作性の観点で葉を低く評価する方は多いと思います。

ですので、すでに強いリーダーをお持ちなら、フェス限を五体消費してまでの交換は勿体ないと感じました。交換材料に余裕があれば別ですが、個人的には無理をしてまでの交換はオススメできません。

逆に「強い木属性リーダーがいない」という方にはオススメです。

最強のスペックを持つ「ゼラ」が活かせるので、多少無理をしてでも交換する価値はあると思います。リーダーとして廃れても、ゼラに噛み合う「アシスト装備」として活用できるので腐りません。

アシスト装備目的で交換を迷われている方はダンジョンの進み具合で決めて下さい。

例えば「異形の存在」や「裏運命の三針」まで進んでいる方には、交換をオススメします。

このあたりのダンジョンは、ギミック耐性率を少しでも上げておきたい場所ですし「ダメージ無効」と「根性」を同時に使う強敵も複数出てきます。葉装備が輝くダンジョンとも言えるので、持っていれば攻略の安定性が高まります。

ただ、今挙げたダンジョンはパズドラにおける最難関レベルのダンジョンです。

まだそこまで進んでいない方のほうが多いと思うので、そういった方は無理をしてまで交換する必要はありません。

葉装備なしでも「ゼラ」は強いですし、耐性系が欲しいならオデュッセウス装備の「トロイアの木馬」。超追加攻撃が欲しいなら「テューポーンカード」が存在します。

このあたりの手持ちの装備も含めて
慎重に判断してくださいね。

コメントを残す