人気!イナパにおすすめのサブ一覧

【パズドラ】まだ裏闘技場をクリアしていない人へ。攻略のための考え方

【パズドラ】まだ裏闘技場をクリアしていない人へ。攻略のための考え方

こんにちは、たまカスです。

今日のテーマは「裏闘技場」について。

裏闘技場、裏運命の三針あたりは現状最難関クラスのダンジョンですよね。「クリアできない」「怖い」といったコメントを見かけることがありますが、今回は裏闘技場攻略に繋がる「自分なりの考え方」をお伝えさせて頂きます。

すでにクリアできてる方には参考にならないと思いますが、まだクリアできていない方や、怖くて挑戦できないといった方には攻略のヒントになるかもしれません。

是非ご参考下さい。

ダンジョンに合った対策

最初に結論部分からお伝えしておくと、裏闘技場攻略において重要になるのが「ダンジョンに合った対策」と「マインド」になります。マインドというのは「考え方」といった意味です。

順番に見ていくと、まず「ダンジョンに合った対策」については、ググれば、いくらでも情報が出てくるため今回は割愛させていただきます。

一応、少しだけ触れておくと、裏闘技場なら「五右衛門やヘラの先制攻撃」とか「ガイアや橋姫などの高防御力」「スターリングや覚醒ソティスなどのダメージ吸収」あたりの対策が必要です。

裏三針なら「五右衛門やツバキの先制攻撃」とか「風魔小太郎のバインドと覚醒無効攻撃」「ルシャナ・龍喚士・精霊王、時女神シリーズなどのダメージ無効」あたりの対策が必要になりますね。

基本的には、攻守ともに強いリーダーに「ダメージ吸収無効スキル」と「バインド覚醒無効回復スキル」を編成して、あとは「毒」「暗闇」「雲」などの耐性系を積んでおけば何とかなります。

このあたりは誰が解説してもだいたい同じ内容になると思うので、詳しく知りたい方は攻略サイトなどをご確認いただければなと思います。

攻略に繋がる考え方

攻略のためのマインド

もうひとつの「マインド」に関してですが、どちらかというと、ここの部分を強くお伝えしたいですね。

どういった考え方で臨むべきかと言う話ですが、個人的には「ゲームオーバーを恐れずに何度でも死んでやる」という気持ちで臨むのが良いと考えてます。

というのも、裏闘技場や裏三針は一般的な降臨ダンジョンと違って「癖のある敵」が多数出現します。敵の行動パターンを把握するのが本当に大変なので、よほど入念に準備でもしない限り、1回や2回程度の挑戦ではクリアできません。

スタミナを無駄にしたくない気持ちは分かりますが、裏闘技場は、ある意味「死んで当然のダンジョン」とも言えるので、ここでのゲームオーバーは全然ネガティブに考えなくても大丈夫です。

むしろ「死んだ経験」は記憶に残るぶん「攻略率の上昇」に繋がります。

どういうことかというと、例えば「お邪魔や回復ドロップを盤面に残したことで大ダメージを受けた」とか「殴り合いしてたら何故か即死攻撃が飛んできた」といった経験は、実際に体験することで記憶に残ります。

自分の体験談だと、エナと殴り合いをしたときにやられた記憶が強く残っています。

後で死んだ原因を調べると、エナは「HP50%以下で115%の割合攻撃をしてくる」ことを、そのときに初めて知りました。軽減なしのリーダーだったので耐えられなかったというわけですね。

それ以降は、同じ失敗をしないよう注意するようになったので、私の中ではエナにやられたという経験が「クリア率アップ」に繋がったと言えます。

こんな感じで、死ねば死ぬほど立ち回りが洗練されていくので、裏闘技場は「死にたくない」という気持ちで臨むよりも「何度でも死んでやる」というマインドのほうが良いと思います。

スタミナの激しいダンジョンですが、ここでのスタミナは「必要な投資」だと割り切って、じゃんじゃん使ってください。

敵の行動パターンは体験から覚える

敵の行動パターン自体は攻略サイトにも掲載されてますが、個人的にはなるべくカンニングしないほうが力になると思います。

いちいち確認しながらだと時間がかかりますし、やっぱり自分自身で体験しないことは記憶に定着しないので「その場しのぎ」にしかなりません。

一度のみの攻略が目的ならカンニングもありですが、裏闘技場は周回する価値のあるダンジョンです。きっと今後もお世話になることでしょう。

なので、攻略サイトを見ながらではなくて、なるべく体験から覚えるようにして下さい。頭で覚えるんじゃなくて、体で覚えるみたいな感じですね。

ある程度、経験を積んだあとで「行動パターン」を確認したり、なぜ即死攻撃が飛んできたかの原因解明に攻略サイトを確認するのは良いと思います。

積み重ねがクリア率に繋がる

それと、さっきは「ゲームオーバーになったときの例」を挙げましたが、死ななくても経験から得られる情報は多くて…

例えば「HPが回復できていれば茨木童子(いばらきどうじ)の発狂は耐えられる」とか「光イザナミは覚醒無効の次にスキル封印を使ってくる」といった色々なことが分かるようになります。

こういういった情報の積み重ねが、スキルの温存や発狂攻撃の回避に繋がったりして「クリア率」に影響が出てきます。

ということで、今回お伝えした内容をまとめると、裏闘技場攻略には「ダンジョンに合った対策」と「ゲームオーバーを恐れず何度も挑戦するマインド」が大事というお話でした。

「怖い」とか「死んだらスタミナがもったいない」という考えばあれば、それは捨ててください。挑戦し続けることで、経験値が蓄積されてクリアできるようになります。

まだクリアできていない方は是非この考え方で取り組んで頂ければなと思います。

今回の内容を音声で聞きたい方へ

最後までお読み頂きありがとうございました!

YouTubeに動画を上げているので、今回の内容を音声で聞きたい方はこちらからどうぞ。ラジオ感覚でご視聴いただけます✨

コメントを残す