【パズドラ】追加攻撃とは?どんな効果?覚醒スキルの考察

こんにちは、たまカスです!

今回の記事ではVer.11.1で導入された新覚醒スキル「追加攻撃」についてまとめたいと思います。追加攻撃についての解説、使用感、感想などをお届けします。

追加攻撃とは?

2017年4月27日のメンテナンス後に実装された新しい覚醒スキルです。効果は「回復ドロップを縦一列でそろえて消すと1ダメージの追い打ち」というもの。

追加攻撃 効果
回復ドロップを縦一列でそろえて消すと1ダメージの追い打ち

 

横一列で揃(そろ)えるのは「バインド回復」や「属性強化」でお馴染みですが、縦一列で効果が得られる覚醒スキルは今回が初めてです。

 

追加攻撃は根性対策のための覚醒スキル

「1ダメージなんて大したことない」と思われるかもしれませんが、追加攻撃は火力を高めるものではありません。根性持ちの敵を効率よく倒すための覚醒スキルです。

というのも、根性持ちのモンスターは基本ワンパンすることができません。ワンパンするとHPが1残り、厄介な攻撃を受けることが多いので危険です。そのため、基本的には根性アイコンが消えるまで敵の体力を削る必要があります。

ですが、追加攻撃なら根性アイコンが付いた状態でもワンパン可能です。根性で敵のHPが1残っても、追加攻撃による1ダメージで倒すことができます。

【パズドラ】うざい根性を対策せよ!5つの基本的な対策法
こんにちは、たまカスです!根性持ちの敵ってうざいですよね。 敵のHPを気にかけながら攻撃しなくてはいけない意味が分からないので、個人的には最も嫌いなギミックです...

 

追加攻撃を実際に使ってみた感想

根性持ちの敵がビックリするほど楽に倒せるようになりました。

遅延スキルが必要だった「沙悟浄」や「転生カグツチ」、シビアなダメージ調整が必要だった「イルシックス」なども全く問題にならなくなりました。特に死亡事故の多いイルシックスがワンパンで突破できるようになったのはデカいです。

追加攻撃は最高の根性対策になるので、今後確実に流行ると思います。封印対策を5個以上積むのが基本となっているように、追加攻撃持ちをパーティに入れることが基本になるでしょう。

 

追加攻撃の問題点

追加攻撃について気付いた問題点は「まだ追加攻撃持ちのモンスターが少ない」「縦一列を組むには練習が必要」「リーダースキルによっては相性が悪い」「追加攻撃が効かない敵もいる」の4つ。

それぞれ解説します。

 

まだ追加攻撃持ちのモンスターが少ない

実装されて日が浅いので、まだ追加攻撃持ちのモンスターは僅(わず)かです。この記事を執筆している現在では、モンハンコラボガチャから排出される「アマツマガツチ」「ディノバルド」の二体のみ。

モンハンガチャは魔法石が10個必要な上に、どちらもダイヤタマゴのモンスターになります。入手難易度は決して低くありません。特に「アマツマガツチ」は星7になるので滅多に出ません。出るまでに10万円近く課金された動画配信者の方もいらっしゃいました。

追加攻撃持ちのモンスターは今後増えていくでしょうが、モンハンコラボガチャのように絞られる可能性があります。多くの人がサブに編成できる日はまだ先になりそうです。

追記(2017年6月1日)

追加攻撃持ちのモンスターが徐々に増えてきました。現在は「山守神の龍巫女・モミジ」「刻火の時女神・ウルド」「刻風の時女神・ヴェルダンディ」「刻水の時女神・スクルド」など。ウルドなどの時女神シリーズは所有者も多いと思います。是非使ってみて下さい。

 

縦一列を組むには練習が必要

縦一列にドロップを揃えることは基本ありません。あるとすれば、ツクヨミドラゴンのような「強化ドロップを含めて5個消しした属性の攻撃力が〇倍」といったリーダースキルぐらいでしょうか。

それほど難しくありませんが、回復ドロップを縦一列に作った後でコンボを組むには「慣れ」が必要です。

私がよく使う型(かた)をご紹介しますので、よろしければ参考にして下さい。この型を覚えておけば、揃えたドロップが邪魔にならずに盤面最大コンボが組めるので便利です。

  1. 端(はし)に回復ドロップを作る
  2. 縦に2セット作る(ドクロと火)
  3. 横に2セット作る(水と闇)
  4. 残りのスペースで揃える

 

リーダースキルによっては相性が悪くなる

追い打ちを発動させるには縦一列でドロップを消す必要があります。そのため、横一列で火力を出す「属性強化寄りの編成」とは相性がよくありません。(追い打ち発動時は横一列が組めない)

HPが低い根性持ちの敵(沙悟浄や転生カグツチ等)には問題ありませんが、HPが高い敵だと火力不足でワンパンできない可能性があります。

また、リーダーとして人気の「ミル」とも相性はよくありません。追い打ちと攻撃を同時に行うには11個の回復ドロップが必要になるためです。縦一列を組んで、十字を組んで、攻撃色のドロップまで組むのは忙しいものがあります。

7×6盤面にするとやりやすい

回復ドロップを縦一列で組むと「残りの狭いスペース」でパズルを組む必要があります。コンボが稼ぎにくく、いつもよりも火力が出にくくなります。7×6盤面に変えててくれるリーダー(ディアブロス、ウルカ等)を使えば、追い打ち時も火力の確保がしやすくなります。

 

 

ギミックで無力化される可能性がある

実は追加攻撃が活用しにくいダンジョンもあります。

例えばエノク降臨のボス戦では、3ターンの間回復ドロップが消せなくなります。そのため追加攻撃によるワンパンができません。(エノクには25%以上のグラビティが有効)

 

このようにギミック次第では追加攻撃が無力化されることもあります。流れとしては今後増えていきそうなのでご注意ください。

追加攻撃の解説は以上になります。
ご参考になれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。