人気!イナパにおすすめのサブ一覧

【パズドラ】レムゥパーティのおすすめサブ一覧!テンプレ考察

【パズドラ】レムゥパーティのおすすめサブ一覧!テンプレ考察

こんにちは、たまカスです。

今回はリクエスト頂いていた「レムゥ」のサブ考察になります。

個人的におすすめのモンスターを15体厳選したので、編成で悩まれている方は是非ご参考下さい。

あと、今回厳選したモンスター以外にもおすすめの候補はたくさんいます。そういったモンスターも、最後にまとめたいと思うのでよければ最後まで見て下さいね。

それでは早速いってみましょう。

レムゥパのおすすめサブ一覧(動画)

まずは動画で解説!

YouTubeに動画をアップしているので、
こちらからご確認ください。

↑↑↑
ラジオ感覚でご視聴頂けます。
再生すると音が出るのでご注意ください。

 

レムゥパのおすすめサブ一覧(文字)

ここからはテキストによる解説!

こちらに掲載しているテキストは「動画の内容を文字起こししたもの」になります。テキストで読みたい方はこちらをご参考下さい。

厳選したおすすめサブ15体の解説です。

↓↓↓

グランディス

グランディスのステータス画像

フェス限のモンスターですね。

グランディスの特徴は、1万超えのHPと覚醒スキルにある操作時間2秒延長、あとはスキルが強力です。

3ターンで使える、1列変換と3倍エンハンスはヤバいですね。

このスキルがあれば「ドロップの欠損」や「相性の悪い水属性モンスター」も怖くなくなります。

あと、エンハンスは「攻撃力減少ギミック」の上書きにも有効です。なので、列界の化身以降に実装されたダンジョンではギミック対策としても使えます。スキルターンが軽いので、ギミックが連続する「裏の列界」にも強いです。

覚醒スキルについては、コンボ強化2個と無効貫通2個の組み合わせなので、7コンボ以上で4倍、正方形消し込みなら25倍の補正になります。

高い倍率ですが、基準となる攻撃力自体は控えめなので潜在キラーで補ってあげるとよいでしょう。

難点は、回復力が低いところと、変身までに30ターンかかるところです。

変身仕様といっても「スキブ2個」「バインド耐性」「封印耐性」とあるので、編成自体はしやすいのですが、いかんせん変身までに必要なターン数が長いですね。一般的な降臨ダンジョンでは変身できずに終わる可能性があります。なので、闘技場のような長丁場となるダンジョンに向いたモンスターです。

転生ダンタリオン

ダンタリオンのステータス画像

こちらもフェス限のモンスターで、スキブ要員、火力の補助、毒耐性+持ち、操作不可耐性持ち、最大HPの底上げと複数の役割を持ちます。

スキブは覚醒スキルに2個、スキルにあるヘイスト効果を入れれば実質3個持ち。

火力覚醒はドロップ強化5個持ちなので、編成すれば100%の確率で「火の強化ドロップ」が落ちるようになります。目安としては、チーム全体の火属性火力が1.6倍ほど上がる感じでしょうか。火力の底上げに大きく貢献してくれるモンスターです。

超覚醒は「バインド耐性+」と「操作不可耐性」と「回復L字消し」の3種類。

バインド耐性を付けて弱点を補ってもよいですし、操作不可耐性を選んで、バインドは武器で補うのも手ですね。

今回は転生のほうをご紹介しましたが、スキブ4個とコンボ強化3個持ちの極醒でも良いと思います。

正月ホルス

正月ホルスのステータス画像

お正月ガチャのモンスターですね。

主な役割はスキブ要員、ドロ強による火力補助、スキルでのデバフ対策の3つです。

スキブは超覚醒込みで4個持ち、スキルにあるヘイスト効果を入れれば実質5個持ちと言ってもよいでしょう。

火力の補正は先ほどご紹介したダンタリオンと同じですね。ドロ強5個持ちなので、1.6倍前後のダメージアップが見込めます。

スキルは「回復力減少」と「攻撃力減少」のギミック対策に有効です。

レムゥパにおいては、オリジナルのホルスと違ってスキルに操作時間延長効果がないところが役割の分散化に繋がっていると思います。

難点は超覚醒にスキブ+を付けた場合、
バインドに弱くなるところ。

あとは、スキルのエンハンス効果が「レムゥ」にも「ダンテ」にもかからないことでしょうか。補正を乗せるというよりかは、攻撃力減少ギミックの上書き用といった位置づけになりそうです。

超転生ホルス

超転生ホルスのステータス画像

こちらは所持率の高いレアガチャ産のモンスターです。

ホルスの特徴は、回復力が高いところと、スキブ3個持ち、L字持ち、あとは超覚醒に「雲」と「操作不可耐性」があるところ。

L字消し攻撃は「ロックドロップ」と「ロック目覚め」の解除に使えます。いまの環境では、チームにひとつは欲しい覚醒スキルです。L字はレムゥにもダンテにも付いていない覚醒なので、それをサブで、しかもメイン覚醒で埋められる点はポイントが高いと思います。

スキルは最短2ターンで使える操作時間延長スキルですね。便利な効果ですが、指はレムゥでも伸ばせるので役割が被ります。

個人的には「ダメージ吸収対策」や「属性吸収対策」「消せないドロップ対策」などのスキル継承がおすすめです。

ただ、列界やコロシアムのような「ルーレット」と「操作時間短縮ギミック」が多いダンジョンではホルスのスキルも活かしやすいです。操作時間対策をホルスで、ルーレット対策をレムゥで行えば、スキルの使いどころをミスることは少なくなります。

超転生シヴァ

超転生シヴァのステータス画像

こちらもレアガチャ産のモンスターです。

シヴァの強みは超覚醒込みでスキブ4個、メイン覚醒にある毒耐性+、あとは通常時の火力要員になります。

火力はコンボ強化2個とドラゴンキラーなので7コンボ以上で4倍、キラーが刺されば12倍です。

もっと火力が欲しいときは、超覚醒をコンボ強化にしても構いません。というか、基準となる攻撃力が高いので、スキブが足りるなら超覚醒はコンボ強化にすべきです。

レムゥが無効貫通特化型なので、こういった通常時に火力が出せるモンスターがいれば列消しでも飛ばせる敵が増えます。

スキルは最短7ターンで使える激減スキルですね。

変換ほど気軽に使えるスキルではありませんが、先制ダメージ対策や発狂ダメージの保険などピンチが凌げるスキルです。

防御力減少はバリアなしの硬い敵に有効で、最近の難関ダンジョンだと例えば「修羅の幻界」に出てくる「ヨウユウ」や「メアシリーズ」などに使えます。

バレンタインソニア

バレンタインソニアのステータス画像

バレンタインガチャの当たり枠ですね。

高いHPと超覚醒込みでスキブ4個持ち、あとは無効貫通時のアタッカーとして強力です。

火力の補正は無効貫通3個持ちなので、正方形消しで15.625倍。キラーが刺されば約47倍になります。

悪魔とマシンはどちらも今の環境に刺さるキラーで、例えば悪魔キラーは「異形の存在」、マシンキラーは「コロシアム」や「修羅の幻界」に有効です。

あと、バレソニを編成すれば、バランスの観点からレムゥに「神」もしくは「ドラゴン」の潜在キラーが付けやすくなります。比較的、どのダンジョンでもキラーが刺さるのでオススメです。

難点は操作時間延長がないところと、通常時の火力要員としては弱いところ。あとはスキルターンが重いところでしょうか。

スキルは回復と瞬間火力が同時にこなせる強力なスキルですが、最短でも13ターンと長めです。なので、気軽に使えるスキルというよりかは、ここぞというときに使いたいスキルですね。

マドゥ

マドゥのステータス画像

フェス限のモンスターで、
進化前の形態がおすすめです。

主な役割はスキブ要員、通常時火力の底上げ、あとは超覚醒にある耐性系ですね。

スキブはメイン覚醒に4個、スキルのヘイスト効果で実質6個持ちとかなりの数になります。しかも、超覚醒に依存していないので、コロシアムのような特殊系ダンジョンでも有効です。

役割の二つ目…通常時火力の底上げというのは、覚醒スキルにある火の属性強化のことです。3個持ちなので、列消し時にかかる補正は45%UP。レムゥやダンテのLSに合う強力な覚醒スキルになります。

一応、ダメージ無効貫通も付いていますが、こちらは1個だけなので、大した火力にはなりません。

超覚醒は「雲」「操作不可」「L字」「チームHP強化」「チーム回復強化」の5種類。

耐性系が充実していますね。基本的には「雲」と「操作不可」と「L字」の中から足りない耐性を選ぶのがよいでしょう。

柔軟性が高いので、
完全耐性が作りやすくなります。

ドゥバル

ドゥバルのステータス画像

神器龍(じんぎりゅう)物語のモンスターですね。

変身仕様ですが、変身前がスキブ3個持ち。スキルに3ターンの遅延効果があるため、実質スキブ6個分の役割を持ちます。

変身後は暗闇耐性+と、4ターン毎に使える変換付きのエンハンススキルも便利です。

難点は回復力が低いところと、変身前に「バインド耐性」「封印耐性」がないところ。あとは、二体攻撃が活かしにくかったり、エンハンススキルが「レムゥ」にも「ダンテ」にもかからなかったりします。

スキルに関してはグランディスの劣化版と考えてもよいでしょう。

いろいろと弱点が目立ちますが、それでも「スキブ要員」「暗闇対策」「軽変換スキル持ち」と編成する価値の高いモンスターです。

ポロネ

ポロネのステータス画像

こちらも神器龍物語のキャラで、主な役割は「スキブ要員」「吸収対策」「最大HPの底上げ」「ロック対策」の4つです。

中でも「吸収対策」として優秀で、ポロネのスキルなら「ダメージ吸収」と「属性吸収」の両方に対応できます。

スキルターンも軽いので、吸収ギミックが複数回でてくるダンジョンにも強いです。

スキブ要員としては変身前がスキブ2個持ち、スキルに2ターンのヘイスト効果があるため実質4個分になります。

難点は、さっきのドゥバルと同じですね。

変身前は「バインド耐性」と「封印耐性」がないので、列界の化身のような開幕からのスキル封印には弱いです。そういったギミックのあるダンジョンではご注意ください。

アルファ&オメガ

アルファオメガのステータス画像

ハロウィンガチャの当たり枠で、回復力の底上げに大きく貢献してくれるモンスターです。

アルファオメガには回復ドロップ強化が4個あるので、回復4個消し時にかかる補正は約5倍。がっつりHPを回復することができます。

スキブの数は1個ですが、超覚醒にスキブ+があるため編成しやすいですね。

スキルは、
エンハンス付きの三色陣。

回復込みの陣なので汎用性が高く、エンハンスは最新の難関ダンジョン攻略には打って付けの効果です。コンボ強化を主体とした編成、特に相方をダンテにするときは倍率も期待できますね。

難点は「指」や「封印耐性」などの基本的な覚醒スキルがついていないところ。

採用すると封印耐性が厳しくなるので、2個持ちのサブや、アシスト装備などで補うようにしましょう。

超転生アマテラス

超転生アマテラスのステータス画像

レアガチャ産のモンスターで、
こちらも回復のスペシャリストです。

回復ドロ強の数は3個ですが、ステータスが高い分、さっきのアルファオメガ以上に回復できます。

あと、アマテラスは潜在覚醒が拡張できるので、回復強化の潜在を多く付けられる優位性があります。なので、カスタマイズ次第ではとんでもない回復量になります。

スキブに関してはメイン覚醒に2個と、スキルのヘイスト効果で実質3個分。

指や封印耐性も完備されていて、超覚醒には「雲」と「操作不可」まであります。かなり採用しやすい配列です。

難点は火力覚醒がないところと、スキルの使いどころが難しいところでしょうか。

ヘイスト効果は便利ですが、バインドと覚醒無効に関しては「4ターン回復」と若干不安です。特にダンテを相方にするときはスキル効果が被りますね。基本的には使いたいスキルを継承する感じで良いと思います。

ちなみに、アルファオメガと比較した場合、覚醒スキルならアマテラス、スキル効果ならアルファオメガに分があると感じます。

汐見琴音(しおみことね)

しおみことねのステータス画像

ペルソナコラボの当たり枠ですね。

変身仕様のキャラですが、変身前でもスキブ2個と封印耐性持ち。さらに変身時のスキルも12ターン+2ターンの遅延効果付きとめちゃくちゃ編成しやすいキャラです。

変身後は回復ドロ強3個持ちなので、アルファオメガやアマテラス同様、回復補助として使えます。

あとは、火力覚醒もいいですね。

レムゥパと相性のよい無効貫通で、倍率は正方形消しで6.25倍、さらに攻撃タイプと悪魔タイプには18.75倍で攻撃できます。

スキルに関しては、回復込みの三色陣で使い道が非常に多いです。

覚醒無効も5ターン回復なので、アマテラスよりかは対応できる敵がグッと増えます。

難点はステータスの関係上、アルファオメガやアマテラス程回復力はないところ。あとは、耐性系が何もないので編成すると完全耐性のパーティが作りにくくなるところもありますね。

転生バルディン

バルディンのステータス画像

フェス限のモンスターですね。

レムゥパでは「極醒」ではなく、スキブと封印耐性が多い転生形態がオススメです。

バルディンの強みは、超覚醒込みでスキブ4個持ち、封印耐性2個持ち、あとはスキル効果の半減とエンハンスが優秀です。

特に封印耐性がポイントで、というのも、現状レムゥパのサブ候補には封印耐性なしのモンスターが多めです。

なので、2個持ちのヴァルディンを入れれば、封印耐性なしのモンスターでも採用しやすくなります。

スキルの半減は汎用的に使えますね。

耐久や先制ダメージ対策、開幕でのスキル溜めなど色んな場面で役立ちます。

エンハンスに関しては、レムゥにもダンテにもかからないタイプエンハンスなので注意が必要です。瞬間火力を高める用途としてはいまいちなので、攻撃力減少ギミックの対策として捉えたほうが良いかもしれません。

エキドナSARA

エキドナのステータス画像

こちらもフェス限のモンスターで、主な役割は「スキブ要員」と「無効貫通時のアタッカー」、あとは回復力の高さも特徴的です。

スキブはメイン覚醒に2個、スキル効果にある3ターンの遅延で実質5個分。

火力覚醒は超覚醒込みでダメージ無効貫通が3個ですね。

補正は正方形消しで15.625倍、さらにキラーが刺されば約47倍、ダブルキラーなら約140倍の超絶火力になります。

基本15倍出れば強いですし、付けられる潜在覚醒も「神」「悪魔」「ドラゴン」と豪華なので、アタッカーとしては問題ない性能です。

難点は覚醒スキルに操作時間延長がないところと、スキルの使いどころでしょうか。

開幕にはスキル溜めとして必ず使いたいスキルですが、リチャージ後は使える場面が限られます。特にダンジョン終盤ではバリア持ちの敵が多くなるためご注意下さい。

ただ、うまく使えると便利です。例えば列界のノエルドラゴンや、修羅のリッチゴールドドラゴンなど攻撃力減少ギミックが切れるまでの耐久にも使えたりします。

ラオウ

ラオウのステータス画像

北斗の拳コラボの当たり枠ですね。究極ではなく、ひとつ前の形態がおすすめです。

ラオウの役割は「列消し火力の底上げ」と「スキブ要員」「暗闇対策」あとは超覚醒にある「操作不可」と「雲耐性」ですね。

スキブはメイン覚醒に2個と、スキルのヘイスト効果で実質3個分。

火力補正は、火の属性強化が4個なので、列消し時に60%UPの補正がかかります。ちなみに、闇の属性強化は噛み合わないので無視して下さい。

難点は回復力の低さと、バインド耐性がないところ。あとはスキルの変換対象に回復が含まれるところでしょうか。スキルを使うときは、HP残量に注意して使いましょう。

超覚醒は「コンボ強化」「操作不可耐性」「雲耐性」の3種類。

おすすめは「雲」か「操作不可」です。コンボ強化を付けてもアタッカーにはなれません。編成上、積むのが難しいほうの耐性をお選びください。

その他おすすめのサブ一覧

厳選したモンスターは以上になります。

ただ、おすすめしたい候補はまだまだいます。リストにまとめたので、よろしければこちらもご参考下さい。

その他の候補

ドットウルド(2)、ナツ(2)、草薙京(2)、坊屋春道(2)、転生稲姫(2)、グレオン(3)、恐山アンナ(3)、ドット赤関羽(3)、ティナ(3)、究極エレン(3)、春日野さくら(3)、赤ソニア(4)、転生武田信玄(4)、転生ロズエル(4)、火スオウ(4)、リクウ&ディステル(4)、アスカ&ヤマトタケルスーツ(4)、ユウキ(4)、ミッキー&ミニー(4)、ミッキー&プルート(4)、爆豪勝己(4)、月島花(5)、転生イルミナ(5)、茶渡泰虎(5)、ミサト&レイランドレス(5)、ガウェイン(5)、転生シヴァドラ(6)、エース(6)、転生赤オーディン(6)、バリアス(7)

ちなみに、かっこの中の数字はスキブの数になります。

この数字は「超覚醒」「遅延スキル」「ヘイストスキル」込みなので、その点ご了承ください。

今回は火を主体としたモンスターを中心にご紹介しましたが、ミニーマウスのように火が副属性にあるモンスターも編成できます。

レムゥパは編成できるサブが多いので、是非いろんなモンスターを入れてパーティを組んでみて下さい。

コメントを残す

CAPTCHA