感謝祭メダルのおすすめ交換先はこちら

【パズドラ】オデドラにおすすめの潜在覚醒はコレだ!

パズドラ攻略情報!オデドラの潜在覚醒について

こんにちは、たまカスです!

パズドラの攻撃オデドラ(光槍型オーディンドラゴン)に付ける潜在覚醒について。この記事では「おすすめの付け方パターン」をまとめました。

どの潜在覚醒を付けようか悩んでいる方は是非ご参考ください。

それではどうぞ!

潜在覚醒のおすすめ例(スキル遅延耐性)

スキル遅延のパターンその2

最もオススメの付け方がこちら!

オデドラのスキルは緊急時の回復手段として使いたいので「何時でも使える状態」にしておく必要があります。ですので「スキル遅延耐性」を付けて、スキル遅延ギミックに強くしましょう。

スキル遅延対策として「同系統のスキル」を継承する方法がありますが、オデドラの上位互換となるスキルは「サクラ」ぐらいしかいません。(詳しくは最後の項目で解説いたします)

継承でのスキル遅延対策が難しいので、基本的には「スキル遅延耐性(潜在覚醒)」をたくさん付けておくと良いでしょう。

遅延耐性を5個付けると…

5個まで付けると「覚醒トト」「アナザージャスティス」「ウェルドール」「コトダマ(協力!超壊滅ドラゴンラッシュ)」「覚醒シヴァ(裏極限の闘技場)」まで対応できるようになります。

潜在覚醒のおすすめ例(ステUP系)

全パラメータ強化

オデドラは全体的にステータスが高いので「ステータスアップ系」もオススメです。

全パラメータ強化(HP1.5%/攻撃力1%/回復力5%)を付ければ、オデドラのステータスが少しアップします。全パラ強化2個なら「HP+170/攻撃力+38/回復力+79」。

効果はわずかですが、付けることによって生じるデメリットはありません。

手持ちに「スキル遅延耐性」や「潜在キラー」が少ないときはステータスアップ系を付けると良いでしょう。

こちらでは全パラ強化をご紹介してますが「あなたが使っているパーティ」に合わせた潜在覚醒をお選び下さい。例えば、回復力に倍率がかからないなら「回復強化+」を付けたほうが良いです。

どのステータスアップ系を付けるにしても「スキル遅延耐性2」は最低付けておきたいですね。(スキル遅延ギミックの多くは2~3ターンなので)


全パラアップその2

スキル遅延耐性4個のパターンもオススメ!

4個付けると「スタージャスティス」や「覚醒ヒノカグツチ」にも対応できるようになります。

潜在覚醒のおすすめ例(悪魔キラー)

悪魔キラーのパターンその2

人気の高い悪魔キラーを付けたパターンです。

1個だと倍率が1.5倍と少し物足りないので、2個(2.25倍)付けるパターンをオススメします。

悪魔キラーを付けると「三位一体(協力!降臨ラッシュ)」「エルメ降臨」「ジルレガート降臨」などの難関ダンジョン攻略が楽になります。(これらのダンジョンのボスは全員HP1億OVER。どのボスにも悪魔キラーが刺さります)

また、悪魔タイプのモンスターはどのダンジョンにもよく出現します。

例えば「神王妃・ヘラ」「覚醒シヴァ」「ベルゼブブ」「グリザル」「アザゼル」など。どれも階層の深いダンジョンでは出現頻度の高いモンスターです。

このように多くのモンスターに刺さるので、悪魔キラーを付ければ幅広いダンジョンで活躍してくれるでしょう。

ただ…考えなく潜在キラーを付けてよいのは「上級者」のみです。

なぜなら、潜在キラーは基本「闘技場3」を周回しないと集まらない入手難度の高いアイテムだから。ですので「このダンジョンを周回したい」「このダンジョンがクリアできない」というときのために取っておくのがベストです。

基本的には「周回したいダンジョンに応じたキラーを付ける」という考え方になります。

悪魔キラーを付けると「覚醒パール(30万以上のダメージ吸収)」へのダメージ調整が難しくなる場合があります。闘技場では定番の害悪モンスターなので、ご注意ください。[/memo]

潜在覚醒のおすすめ例(マシンキラー)

マシンキラーのパターンその2

マシン系を攻略・周回するときに重宝します。

マシン系のダンジョン…例えば「マシンヘラ降臨」「マシンゼウス降臨」「マシンアテナ降臨」「デモニアス降臨」「からくり五右衛門参上」などでは刺さりまくります!

他には「ガイアドラゴン(闘技場3)」「オルファリオン(超絶極限コロシアム)」などの高HPモンスターにも有効。

マシンタイプのモンスターは「特定のダンジョンにまとまって登場する」といった印象を受けます。そのため、上記でご紹介した悪魔キラーほど幅広いダンジョンで活躍できるキラーではありません。

オデドラを汎用性(はんようせい)の高い火力要員にしたいなら「悪魔キラー」をオススメします。

潜在覚醒のおすすめ例(体力キラー)

体力キラーのパターンその2

オデドラには「体力キラー(超覚醒)」を付けることができます。

体力キラーの超覚醒を付けている場合、さらに潜在覚醒を付けることで倍率を伸ばせます。(倍率アップは1個で4.5倍、2個で6.75倍、3個で10.125倍)

体力タイプの強敵は「からくり五右衛門(HP1億5000万)」や「茨木童子(HP3億)」あたり。よく出てくるモンスターとしては「覚醒ヒノカグツチ」「イルシックス」「覚醒メイメイ」なども体力タイプです。

体力キラーは付けても邪魔にならない(ダメージ吸収にひっかかる敵がハヌマーンぐらい)なので、付けて困ることは少ないキラーです。

たまカス

ハヌマーンはダメージ吸収無効スキルで殺すたまぁ!

オデドラにおすすめの潜在覚醒まとめ

オデドラにおすすめの潜在覚醒まとめ

いかがでしたでしょうか?

オデドラはスキルが優秀なので「スキル遅延耐性」がとても重要になります。

スキル遅延耐性を少なくするときは必ずアシスト機能(スキル継承)を使って下さい。

第2スキルが継承されれば「スキル上限」が伸びるため疑似的なスキル遅延対策になります。(おすすめの継承候補は以下の関連記事をご確認下さい)

今回の記事は以上になります。最後までお読み頂きありがとうございました。

 

【パズドラ】オデドラに継承すべきアシストスキル一覧(おすすめ) 【パズドラ】オデドラの超覚醒はどれがおすすめか?

2 Comments

コメントを残す