人気!イナパにおすすめのサブ一覧

【パズドラ】ハオの性能を評価!おすすめの超覚醒はコレだ(シャーマンキングコラボ)

【パズドラ】ハオの性能を評価!おすすめの超覚醒はコレだ(シャーマンキングコラボ)

こんにちは、たまカスです!

今回はシャーマンキングコラボのキャラクター「ハオ」について。

性能を詳しく評価したので、強さがよく分からない方やおすすめの超覚醒が知りたい方は是非ご参考下さい。

それではどうぞ!

ハオの評価(動画解説)

まずは音声での解説!

YouTubeに動画をアップしているので、
よろしければ以下よりご視聴ください。

↑↑↑
ラジオ感覚でご視聴頂けます。
再生すると音が出るのでご注意ください。

 

ハオの評価(テキスト)

ここからはテキストによる解説!

こちらに掲載しているテキストは「動画の内容を文字起こししたもの」になります。文字で読みたい方はこちらをご参考下さい。

↓↓↓

ハオの評価(進化前)

ハオのステータス画像

ハオの最大の特徴はスキルです。

先日実装されたフェス限「シェリングフォード」と同じタイプの効果で、ダメージ無効を貫通できるスキルになります。

二つ目…出るの早かったですね。シェリングフォードの唯一性が早速なくなってしまいました。

ハオのスキルには「五色陣」の効果もつきますが、ここはメリットとデメリットの両方が存在します。

メリットは回復ドロップが生成されないぶん、火力の出やすい盤面になるところ。

逆にデメリットは「回復」や「追い打ち」ができないところですね。

特に難関ダンジョンになると、「ダメージ無効」と「根性」の両方のギミックを持つ敵が出てくるようになります。

例えば「ルシャナ」や「クトゥグア」、ほかにも時女神シリーズの「ウルド」「スクルド」「ヴェルダンディ」などがそれにあたります。

盤面に回復ドロップがないと、そういった根性持ちを「追加攻撃」で倒せないので辛いです。ハオのスキルだけではワンパンできないので「他のスキルと併用する」か「根性を外してからスキルを使う」といった立ち回りが必要になります。

個人的にはメリットよりもデメリットのほうが大きいと思います。

覚醒スキルについて

覚醒スキルについては、
サポート系が充実していますね。

スキルチャージがあるので、ここでスキルターンの重さが少し緩和されます。ただ…それでもまだ重たいと感じます。

通常盤面でのスキルチャージ発動率は「60%前後」になるので、一般的な降臨ダンジョンだと「ボス戦」までにハオのスキルが溜まらない可能性があります。

多色は「スキル溜め」がしにくい傾向にあるので、30ターンのスキルなら「スキルチャージ」が2個ないと厳しいと思いました。

でも、闘技場のような階層の深いダンジョンでは、逆にスキルチャージ1個のほうが使いやすいと思います。例えば「アシスト装備」を継承しても、そこまで早く「第二スキル」までは溜まらないので「ベーススキル」が長く使えます。

ほかの覚醒スキルについてみていくと、火力系は「神キラー」だけですね。

神タイプに対して「3倍」で攻撃できますが、火力要員としては弱いと感じます。

一応、超覚醒にコンボ強化があるので、できれば「コンボ強化」を付けておきましょう。コンボ強化が付けば、7コンボ以上で2倍。神タイプには「6倍」で攻撃できるようになります。

限界突破によるステータス上昇率はおそらく「25%」になるので、攻撃力は2,800前後になるはずです。

アタッカーと呼べる程ではありませんが、コンボ強化を付ければ「神キラー」も活かせるのでそういった意味でもオススメしたいですね。

リーダースキルについて

最大倍率が13倍、火属性の全パラ2倍、操作時間2秒延長のリーダーです。

全パラ2倍と指2秒延長は優秀ですが「最大倍率の低さ」が気になりました。単色パーティなら問題ありませんが、多色で「13倍」は今の環境だとかなり低いです。

ハオ自身のアタッカー性能も低いので「火力の確保」が課題になりますね。

あとはサブの編成自由度も低いです。

というのも…火属性に補正がかかるため、サブには「火と他の属性」を同時に持つモンスターを入れて「全属性編成」を作る必要があります。

攻撃色となるドロップがひとつでも欠損すると「攻撃倍率」が落ちるので、噛み合うスキルも限定されますね。例えば「コットン」や「エンラ」「転生ウリエル」などのコンボ強化3個持ちが編成しにくかったりします。

耐久力の高さと、長いパズル時間は魅力的ですが「火力とサブの編成自由度が低い」ところは大きなデメリットになると言えるでしょう。

火力が低いと、せっかくの「ダメージ無効無効スキル」が活用できないので、個人的にはリーダーとしての運用は厳しいといった印象を受けました。

ハオの評価(究極進化後)

究極ハオのステータス画像

続いては進化後の究極ハオ。

スキルは進化前と同じ「ダメージ無効無効スキル」です。

覚醒スキルは進化前にあった「神キラー」と「操作時間延長」がなくなって、その代わりに「コンボ強化」と「2個目のスキルチャージ」が付きました。

個人的にはこちらの方が強いと思います。

スキルが早く使えるようになりますし、進化前よりも「汎用性の高いアタッカー」として運用できます。

一応、注意点としては「階層の深いダンジョンではアシスト装備が付けにくいところ」でしょうか。

スキルチャージ2個が強力なので、アシスト機能を使えば「第二スキル」まで溜まってしまう可能性があります。スキルの調整が難しいときは、覚醒スキルを全部解放するんじゃなくて「8個目」までに止めておく戦略もありです。

リーダースキルについて

最大倍率が20倍、25%軽減持ちの多色リーダーですね。

進化前は耐久型でしたが、
進化後は攻撃型といった感じです。

究極ハオは軽減の発動条件がスゴく優遇されています。どの色でもいいので「ドロップを5個以上つなげて消す」だけで軽減が張れます。

基本的に多色リーダーの軽減発動条件は「4色同時攻撃」や「7コンボ」が多いです。例えば「リーチェ」なら7コンボ以上。「オルタ」や「影ナル者」なら4色以上同時攻撃になりますよね。

だいたい軽減と同時に敵を倒してしまうので、1コンボだけで軽減を張れるのは大きな強みになります。意図的にスキル溜めができたり、盤面の調整や「ターン消費」にも使えるので戦略の幅が広がります。

あとは、進化前はキツかった「サブの自由度」ですが、こちらには属性縛りがないため色んなモンスターが編成できます。

例えば「光イデアル」や「水着風神」「ジンオウガ」「学園ウルカ」など、多色向きの強いモンスターが自由に編成できます。

それと、攻撃色となるドロップがひとつ欠損しても「16倍」は出るので、「濃姫」や「ぎん千代」「水着ぎん千代」などのスキルも編成しやすいですね。

リーダースキルの弱いところ

逆にリーダースキルの弱いところを見ていくと、まずはHPと回復に補正がかからないところ。

軽減だけだと不安なので、ここはしっかりと対策しておきたいですね。

サブで対策するなら、例えばチームHP強化複数持ちの「光イデアル」や、チームHP強化と回復ドロップ強化を同時に持つ「カナン」。あとはHPが高い「ヘキサゼオン」なども優秀です。

リーダーで対策するなら組み合わせのリーダーを変えてもいいですね。例えば「リクウ神威」と組み合わせて使えば、火属性に全パラ1.5倍がかかるので「耐久性能」がグッと上がります。

それとリーダースキルにおけるもうひとつの弱点は「ドロップ操作時間」です。

究極ハオには「リーダースキル」にも「覚醒スキル」にも指がないので、かなり操作時間の短い編成になりやすいです。

パズルには「5個以上消し」も必要になるので、ドロップ操作時間は長めに確保しておきたいですね。

対策としては、操作時間延長を多く持つ「正月ツクヨミ」や「学園ウルカ」などをサブに入れたり、リーチェのような「延長効果のあるリーダー」と組み合わせて使いましょう。

リーダースキルに関しては、進化前も進化後もどちらにもメリットとデメリットがあります。好みが別れそうですが、個人的には覚醒スキルも考慮して「進化後」のほうが強いと思います。

ただ…どちらも最強クラスに強いという程ではないので、リーダーよりもサブとしての運用をオススメします。

ハオ装備の評価

ハオ装備のステータス画像

最後はアシスト装備について。

こちらは、スキル効果が変わって「ダメージ無効貫通」に特化した正方形の位置変換スキルになります。

闇属性にはリュウ。光属性には魔族幽助がいますが、それの火属性バージョンといったスキルですね。

付与できる覚醒スキルは、回復ドロップ強化と操作時間延長と攻撃強化が二つと…サポート系の覚醒スキルがメインになります。

覚醒スキルで言えば火の回復補助にアシストしたい装備です。

例えば回復ドロップ強化3個持ちの「覚醒ヘスティア」や「灰原哀」などに噛み合います。このあたりのモンスターに「ハオ装備」を継承すれば、回復補助としての性能がワンランク上がります。

特に「覚醒ヘスティア」に関しては、「エイル」を超えるほどの回復量になるのでオススメです。

ただ…ハオはモンスターとしての性能が高いので、基本武器化は二体目以降がいいでしょう。

やっぱり、ダメージ無効無効スキルの優秀性が高いので、モンスターの状態で使いたいですね。

交換するべきかについて

冒頭でもお伝えしましたが、多色パーティを使っていてまだ「シェリングフォード」を持っていない方には交換をオススメします。

ダメージ無効無効スキルがあれば、これまで多色では難しかった「正方形消しでのダメージ無効貫通」がスキルで出来るようになります。

普段「リーチェ」や「ジンオウガ」などの多色リーダーを使われている方や、今後使ってみたい方は手に入れておきましょう!

逆に、多色に興味がない方や、すでに「シェリングフォード」を引いた方は見送ってもよいと思います。

まとめると、ハオは多色パーティの「ダメージ無効対策」としてサブに編成したいモンスターです。

リーダー性能に関しては「ぶっ壊れ」という程ではないので、一次的に流行ってもリーダーとして長く使われ続けることはおそらくないと感じます。

コメントを残す