人気!イナパにおすすめのサブ一覧

【パズドラ】ハオの性能を徹底評価!おすすめの超覚醒なども解説(シャーマンキングコラボ)

【パズドラ】ハオは交換すべきか?性能を詳しく評価したよ(シャーマンキングコラボ)

こんにちは、たまカスです!

今回はシャーマンキングコラボのキャラクター「ハオ」について。

性能を詳しく評価したので、強さがよく分からない方や交換をお悩みの方は是非ご参考下さい。

それではどうぞ!

ハオの性能評価(動画解説)

まずは音声での解説!

YouTubeに動画をアップしているので、
よろしければ以下よりご視聴ください。

↑↑↑
ラジオ感覚でご視聴頂けます。
再生すると音が出るのでご注意ください。

 

ハオの性能評価(テキスト)

ここからはテキストによる解説!

こちらに掲載しているテキストは「動画の内容を文字起こししたもの」になります。文字で読みたい方はこちらをご参考下さい。

↓↓↓

ハオの評価(転生進化)

転生ハオのステータス画像

まずは注目の転生進化から。

特徴として、
いちばんの強みになるのはスキルです。

効果が3ターン持続する、
変換付きの無効貫通スキルですね。

3ターン継続するスキルは他にも「シェリングフォード装備」や「アルジェ装備」がありますが、モンスターの状態で使えるのは今回の転生ハオが初めてになります。

「異形の存在」や「壊滅極限コロシアム」などの、ダメージ無効ギミックが連戦するダンジョンでは重宝します。

スキルターンは31ターンと重めですが、覚醒スキルにスキルチャージが2個あるので問題ないでしょう。最短11ターンでの使用が可能です。

ロック解除付の陣もいいですね。

…ただ、回復なしの5色陣なので汎用性は高くありません。追加攻撃や回復手段としては使えないので、そこは残念に感じました。

このスキルを使うなら、できればリーダースキルに「固定追い打ち」が付くリーダーを採用するようにしましょう。最近の難関ダンジョンでは「ダメージ無効」と「根性」の同時対策が必要になります。

覚醒スキルについて

覚醒スキルについては、操作時間延長がないところ以外は無難にまとまっていると感じました。

火力覚醒は編成しやすいコンボ強化ですし、スキル回転率を上げるスキルチャージと、高防御力貫通のガードブレイクも便利ですね。多色パに採用しやすい配列です。

でも、ボックスが充実している人には、もうひとつ何か役割が欲しくなる性能でもあると思いました。例えば「スキブ」や「耐性系」などがあると、さらに編成優先度が上がると思います。

超覚醒について

超覚醒は「操作不可耐性」「操作時間延長+」「神キラー」の三種類。

指にすればバランスが整いますが、
個人的には「神キラー」を推奨します。

どうしてかと言うと、神キラーは潜在覚醒にも付けられますし、枠の数も転生進化ということで8枠まで拡張できるからです。

神タイプ専用のアタッカーとして活躍してくれるので、性能を尖らせたいなら「神キラー」をつけておきましょう。

バランス重視の方は指+。操作不可耐性は、編成上耐性を積むのが難しいときにオススメです。

リーダースキルについて

最大倍率が20倍、軽減率35%、固定追い打ち付きの多色リーダーです。

フェス限のアルジェに似たリーダースキルですね。同じ攻撃倍率でも、アルジェのほうが「軽減率」「固定追い打ちの条件」等優遇されています。

なので、アルジェを持っていたり、アルジェに噛み合う相方がいればハオを優先的に起用する機会は少ないと思います。

ただ、完全にアルジェの下位互換というわけではなく、ハオのほうが優れた点もあります。

例えば「スキブ」が少ないモンスターでも採用しやすいのは利点ですね。変身仕様のアルジェと違って、ハオならスキブ重視編成にしなくても大丈夫です。

あとは「ドロップの消し方」もそうで、
ハオにはL字消しの縛りがありません。

なので、例えば「列消し」や「正方形消し」でも条件が満たせますし、他にも敵からの変換で花火盤面にされても軽減が発動します。「リントヴルム」や「ゼウスディオス」など特定の敵とも戦いやすくなりますよ。

こんな感じで、
ハオにはアルジェにはない利点もあります。

環境トップクラスとまでは言い難いですが、サブの編成自由度の高さや、列界の「アテン」や「潜在たまドラ」にも対応できる固定ダメージなどスペックとしては普通に高いと感じます。

ハオの評価(進化前)

ハオのステータス画像

転生進化の方がおすすめですが、一応こちらにも触れておきたいと思います。

スキルは転生ハオと同じ3ターンの無効貫通スキルですね。

ロック解除がないぶん、転生よりも1ターン早く使えます。ただ、進化前にはスキルチャージがひとつしかないので、最短でも「15ターン」と実質は重たいです。

覚醒スキルについては弱点となるものはありませんが、特段強みになるものもない…といった感じでしょうか。ある程度手持ちが揃っていれば、転生ハオ以上に直入れしにくい配列になると思います。

リーダースキルについて

リーダースキルは最大倍率が16倍、HP2倍、回復力2倍、操作時間2秒延長の多色リーダーですね。

3色から補正がかかる可変倍率と、
指のサポートは扱いやすいと思います。

耐久面も全パラ2倍なので問題ないでしょう。

ただ、火属性縛りの多色なので編成自由度が低かったり、流行りの「コンボ加算」や「固定追撃」が付いていなかったりと難点もあります。

あとは、現状人気の多色リーダーとの噛み合いが悪いのも気になりますね。例えば「ダイヤ」や「アルジェ」「平子真子」「正月リーチェ」などは合わせにくいです。

バレンタインイデアルは合いますが、編成できるサブに「タイプ縛り」が追加されるためかなりパーティが組みにくくなります。

相方にするなら…転生ハオと合わせるか、今回上方修正された「アンナ」などがオススメです。

ハオの評価(アシスト進化)

ハオ装備のステータス画像

この装備の特徴は、
なんといっても正方形の生成スキルですね。

この類のスキルはいくつかありますが、今のところ、火はコレだけなので唯一性のある装備になります。

用途としては「周回」や「ランダン」、特にランダンでの活躍が期待できそうです。今後、ハオ装備が必須級になる回が来るかは分かりませんが、少しでも王冠取得率を高めたい方は押さえておいたほうがよいでしょう。

でも、攻略としての用途になると、特に持っていなくても問題ないかなと思います。

一応、回復ドロップ強化が付与されるので、火の回復補助…例えば「クルス」や「灰原哀」あたりにアシストしてあげると、回復4個消し時の回復量がグッと上がります。

こういった運用法もありますが、単純に回復力を上げるだけなら他の装備でも代用できますし、チーム回復強化の覚醒スキルや、覚醒バッジなどいくらでも手段はありますね。

最近は回復倍率の高いリーダーも多いので、2019年頃ほど回復補助の編成優先度は高くなくなりました。

ということで、個人的にはランダンを頑張りたい方以外はなくても問題ないかなと考えております。

ただ今回は注意が必要で…というのも、今の仕様だと一度「転生ハオ」にしてしまうと退化ができなくなります。なので、進化は慎重に。自己責任で行ってください。

ハオは交換するべきか(まとめ)

個人的には無理をしてまでの交換はオススメしていません。

というのも、転生ハオに拘らなくても多色に編成できる強い無効貫通枠はたくさんいます。

例えば「転生ミッキー」や「アルジェ」「シェリングフォード」「アキネ」「ファガンRAI」「キリト」「アテン」などがそうです。

無効貫通の効果が3ターン欲しいときは「アルジェ装備」や「シェリングフォード装備」でも済みますし、このあたりは自分が持っていなくても「フレンド」に頼ることもできます。

なので代用が効きやすいという意味で、無理に交換しなくてもよいと私は判断しました。

代用キャラの入手機会は多い

さきほど名前を挙げた「アルジェ」と「シェリングフォード」と「アキネ」と「ファガンRAI」と「アテン」はフェス限になります。

入手できる機会自体は多いので、コラボや季節系ガチャを回さず「スーパーゴッドフェス」だけに照準を合わせておけば、どこかでこのあたりの無効貫通枠は入手できるでしょう。

ちなみに、アテンに関しては無効貫通スキル持ちではありませんが、潜在覚醒に「無効貫通の潜在たまドラ」を付ければ強力な無効貫通枠になります。

無効貫通たまドラは裏の列界に行かなくても「トレード」や「パズドラパス限定のダンジョン」でも入手できますし、今後のイベント配布も想定できます。いま持っていなくても、手に入るチャンスは必ず来ると思うので気長に待っておきましょう。

ということでまとめると、転生ハオは無理に手に入れなくても他で補えるよという内容でした。

こんな人にはオススメ

ただ、全員に交換を薦めないわけではなく、例えば「ランダン用にハオ装備が欲しい方」や「いま直ぐにでもサブに強い無効貫通枠を入れたい方」は交換を検討して下さい。

タイプが「バランス」と「悪魔」になるので、例えば「正月リーチェ」や「バレンタインイデアル」なんかを運用されている方には転生ハオは狙い目です。

手持ちに代用となる強い無効貫通枠がいなくて、すぐにでもハオを編成したいときは多少無理をしてでの交換もありかなと思います。

こんな感じでご自身の状況に当てはめて決めて下さい。

代用となる「モンスター」や「アシスト装備」は持っていないか?本当に今すぐ編成したいのか?フレンドで補えないか?などを考えて慎重に検討して頂ければなと思います。

コメントを残す