人気!イナパにおすすめのサブ一覧

【パズドラ】バレンタインガチャ2019は引くべきか?

【パズドラ】バレンタインガチャ(2019年)は引くべきか?

こんにちは、たまカスです!

パズドラのバレンタインガチャ(2019年2月4日~)の考察動画です。

引こうかどうか悩まれている方はご参考ください(主観的な意見になるので参考程度に聞いて頂ければ幸いです)

それではどうぞ!

バレンタインガチャ2019は引くべきか?(動画)

まずは音声での解説!

YouTubeに動画をアップしているので、
よろしければ以下よりご視聴ください。

↑↑↑
ラジオ感覚でご視聴頂けます。
再生すると音が出るのでご注意ください。

 

バレンタインガチャ2019は引くべきか?(文章)

ここからはテキストによる解説!

こちらに掲載しているテキストは「動画の内容を文字起こししたもの」になります。文字で読みたい方はこちらをご参考下さい。

まず最初に結論からお伝えすると…

「カラット」や「シーン」を持っていない方は引くべきです。持ってるなら、たとえバレンタインネイやソニアが欲しくても見送ったほうが良いと感じます。

その理由について詳しくお伝えしていきます。

バレンタインネイとバレンタインソニアは今回の目玉となるモンスターですね。

バレンタインネイのステータス画像

バレンタインソニアのステータス画像

性能については
以下の記事で詳しく解説しているので、
今回は省略させて頂きます。

どちらも性能の高いモンスターですが、ガチャを見送ったほうがよいとお伝えした理由は「排出確率」です。

1.5%の確率自体は季節ガチャでは恒例ですが、バレンタインガチャには最高レアリティが2体しかいないので、星8の出る確率が「3%」しかありません。

季節ガチャから星8が出る確率はだいたいが「6%」です。中には夏休みやクリスマスのような「7.5%」のガチャもあったので、他の季節ガチャに比べるとバレンタインガチャは厳しいと言えます。

最高レアリティの排出確率はとても重要です。

というのも、今のパズドラには「モンスター交換所」という救済システムがあるので、とりあえず最高レアリティのモンスターが引ければ「交換の材料」として活かせます。

確率3%のバレンタインガチャだと、この救済システムが活かしにくいですね。基本的には自力で当てるしかないと思います。

ちなみに…確率3%というのは「33回まわして1度引けるくらいの確率」です。魔法石にすると166個相当になります。

一点狙いだと「66回まわして1度引けるくらいの確率」なので魔法石330個相当です。

下手したら2倍ハマり、3倍ハマりもあるので、よほどお金に余裕のある方でないとオススメはできません。

どうしても欲しい方は、交換所でフェス限4体との交換をオススメします。

宝石姫をもってないなら引くべき

基本、見送ったほうがよいガチャですが、最初にお伝えしたように「カラット」や「シーン」を持っていない方には何回か引いて頂きたいですね。

というのも…バレンタインガチャには、ガチャ限と同じスキルを持つ「バレンタインカラット」や「バレンタインシーン」が存在します。

カラットとシーンは攻撃力を高めてくれる汎用性の高い強力なエンハンススキルを持っているので「アシストスキル」として継承すれば幅広い編成で使えます。

実際に、たまに開催される「ベストアシストカーニバル」では、カラットとシーンは必ずランキング上位に食い込んできます。

役立つこと間違いなしのスキルなので、まだ持っていない方はここで手に入れておきましょう。

入手難度は低めで、バレンタインカラットとバレンタインシーンの排出率はそれぞれ「7.5%」です。ファセットも含めれば合計22.5%ですね。

カラットや、シーン、ファセットなどは宝石姫シリーズのモンスターですが、ここまで高い確率で宝石姫シリーズのエンハンススキルが手に入るガチャは基本ありません。

無課金の方でも
貯めた魔法石で十分狙える確率なので
引く価値はあると思います。

今回のまとめ

今回のバレンタインガチャは「ガチャ限のカラットやシーンを持っていない方」は引くべき。

すでに持ってる方は、バレンタインネイやソニアが欲しくても見送ることをオススメします。

最高レアリティのラインナップが少ないことと、モンスター交換所が活かしにくいというのが理由でした。

どうしても欲しい方はフェス限4体との交換をご検討下さい。

これからパズドラ七周年のイベント発表もあるので、今は特に魔法石を温存しておきたい時期です。

ちなみに、去年の六周年イベントでは「幽遊白書コラボ」「ペルソナコラボ」「龍契士ガチャ」の復刻といったヤバいガチャが乱発されました。

今年も期待できるので、
少しでも魔法石は溜めておきたいですね。

コメントを残す